ファイントラックのうわさ①  アクティブスキン

Pocket

ファイントラック知ってますか?
ファイントラックのファの字も知らないって人はとりあえず公式ページちょろっとのぞいてみてください。➡ http://www.finetrack.com/

ファイントラックは機能性の高いウェアがたくさんあって僕はバックカントリーやカヌーなどのアウトドアの時は必ず着てますし、旅行などにも多用してます。かなり愛用してます。
正月の妙高エリア遠征でも使いましたがヒジョーに具合が良いです。
登山をするような人なら関連の雑誌に広告や記事がバンバン出ているので知ってる人も多いと思いますが、パウダー滑りたくてバックカントリー始めた人はもしかしたら知らない人も多いかもしれませんね。
140109finetrack
『ファイントラックなんかいいらしいぞ。』といううわさや評判を聞いて、いざウェブサイトとか見てみたら種類がいっぱいあってどれ選んでいいのかわかんないっていう人もたくさんいるような気がします。僕も最初はそうでした^_^;

僕はここ数年でファイントラックの製品をいくつも購入して愛用していますがその中でも特にオススメのものを紹介します。

インナーはユニ○ロのヒートテ○クで十分という方もみえますが、水分に反応して熱にかえるヒートテックでは行動時の汗かいた時に余計熱くなってさらに汗かいて、その結果休憩時や風が出たときに体が冷えて逆効果な気がするんですがどうなんでしょう・・・。屋内でじっとしている人が着るにはとっても良いのだと思うのですが、、
ヒートテ○ク愛用の方も一度ファイントラックを試してみてください。

購入ボタン

アクティブスキンの特徴

activeskin-mizutamaファイントラックを使ったことの無い方にまず試して欲しいのが、『アクティブスキン』です。
ファイントラックではアクティブスキンを ”ドライレイヤー” と呼んでます。
ドライレイヤーは肌の上に直接着ます。(ベースレイヤーの下に着ます。)

アクティブスキン、ここがすごい!

アクティブスキンの性能の詳しい説明は時間があるときにファイントラックのウェブサイトのアクティブスキン紹介ページをゆっくり見てもらうとして、とりあえず右上の写真とムービー見てください。

ご覧の通り超撥水!外部からの水分をシャットアウトするし、汗をかいてもいったんそれを吸ったら肌を濡らしにくいです。

アクティブスキン、これが効果!

ファイントラック アクティブスキン
体を乾いた状態にたもつ!

じゃあなんで肌を濡らさないと良いのかってことなんですが、汗や雨で濡れると体が冷えるからです。
登山やバックカントリーを楽しむ人なら ”冬山での活動ではなるべく汗をかかないように” と本で読んだり誰かに教えてもらった事がある人もいると思います。
あるいは実際に汗をかいたあと体が冷えてしまったなんて経験がある方もたくさんいるのでは。

水は熱伝導率が空気の25倍もあるそうです。
つまり体が濡れていると外気の影響をうけやすく体が冷えやすいため、このアクティブスキンを着ていると体を濡れから防ぎ、その結果寒くなりにくいということなんです。

アクティブスキンは軽くて薄くてストレッチします!

ぴったりフィットするベースレイヤーの下に何か着るとごわつくんじゃないかと心配する方もいるかもしれませんが、アクティブスキンはかなり薄くてストレッチ性もあるので気にならないと思います。

アクティブスキン、ここは注意!

ただ、このアクティブスキンもちゃんと吸湿速乾性の高いベースレイヤーを重ね着しないと効果が出にくいです。アクティブスキンの上には体にぴったりとフィットするベースレイヤーを着てください。
僕はバックカントリーの時ならこのアクティブスキンの上に同じくファイントラックのメリノスピンサーモを重ねて着ていますが、吸湿速乾性が高く体にぴったりとフィットすれば他のブランドのベースレイヤーでも良いと思います。

このアクティブスキン、見た目はあんまりかっこ良くないですがインナーの下に着るので気にする必要もないです^0^;

あと、いくらアクティブスキンを着たからといってべっちょべちょに汗をかくようなウェアリングや行動の仕方をしても良いというわけではありません。大量に汗をかくといくらアクティブスキンを着ていても体は濡れます。良いベースレイヤーを着ていれば乾きやすいことは乾きやすいですが、冬山の活動ではなるべく汗をかかないようにするのは原則です。

メリノスピンサーモやゴアテックスアウターとセットで愛用(酷使)してます!

長野・黒姫山
アクティブスキンとメリノスピンサーモいつも使ってます! インナーなのでいつも中に隠れていますが ^ ^;

メリノスピンサーモ

メリノスピンサーモ
メリノスピンサーモはアクティブスキンで肌から遠ざけた水分を素早く拡散!
アクティブスキンを着用する時は、吸汗拡散性の高いベースレイヤーと必ず一緒に着用してください。
他メーカーのベースレイヤーでもアクティブスキンの効果は発揮されますが、水分を素早く吸収して拡散する性能が非常に優れるファイントラックのメリノスピンサーモならより高い効果が期待できます。

ファイントラックのドライレイヤーやベースレイヤーには他にも種類がありますが、バックカントリーやる人なら以下の2枚。もちろん春や秋にも使えますよ。
この2枚は自分も愛用しているので自信を持っておすすめできます。

【finetrack】M’sアクティブスキンロングスリーブ

【finetrack】M’sメリノスピンサーモクルーネック

僕の場合、バックカントリー、カヤック、その他のアウトドアアクティビティ全般の他にも荷物を減らしたい旅行でもこの2枚をかなり気に入って酷使しています。

そしてアウターにはゴアテックスを

そして、拡散された蒸気は、ゴアテックスなどの透湿性のあるアウタージャケットを着用していればウェアの外に効率よく放出されます。

参考:ゴアテックスならなんでも一緒?

ここが気に入っています

お気に入りポイント① くさくならない!?

あと、使っててかなり強く実感できるのがくさくなりにくいこと。実は妙高エリアの遠征の時には、初日バックカントリー、2日目ゲレンデ、3日目バックカントリーと3日間ともアクティブスキンとメリノスピンサーモを洗濯せずに着て、あと同じくファイントラックのメリノスピンソックスも3日間そのまま洗濯せずはきました。
それでも翌朝に『うわっ・・・。』なんてことはなく快適に使いました。臭いのに気がつかなかったのは自分だけなんてことはないはず・・・。
靴下をボードに3日はいて臭くないってなかなかやると思いません??

お気に入りポイント② すぐ乾く!

ファイントラック メリノスピンサーモ
メリノスピンサーモは吸汗拡散性が高く着ているときも洗濯した後も乾きが早い!

ただ速乾性が高いので、夜フィールドから帰ってきて洗っても次の日の朝には乾いちゃうと思います。僕は毎晩宴会で酔っぱらったので洗う事ができませんでしたが・・(x x)

旅行や長期遠征の時には、洗うとすぐ乾くので荷物減らせるのが本当に助かっています!

お気に入りポイント③ 丈夫!

僕は、バックカントリー、ゲレンデ、カヤック、その他のアウトドアアクティビティ、旅行とはっきりいって酷使しています。だけどこの2つ丈夫なのでまだまだ活躍してくれそうです。

ちなみに、同じファイントラックでもスキンメッシュは使っているとよれよれとのびてきちゃう感じがしたり、やドラウトクローはちょっとしたことで生地がほつれてきたりしてややデリケートなので着てるとき少し気をつかう感じ。
ニュウモラップも持ってて、こちらもかなり気に入っているので何年も酷使してますがこいつもかなり丈夫です。

アウトドアギア.jpで買ってね m(_ _)m

もし買うならスピリットのオンラインストア『アウトドアギア.jp』で買ってください m(_ _)m
たぶんファイントラックはどこの店でも定価で販売している事が多いと思うんですが『アウトドアギア.jp』なら会員登録(無料)するだけで、あらお得!
リピートしてくださるお客様もたくさんいらっしゃいますよ。

【finetrack】M’sアクティブスキンロングスリーブ
【finetrack】M’sメリノスピンサーモクルーネック
【finetrack】メリノスピンソックス グライドロング

購入ボタン

何かご不明な点があったり、サイズの感じを知りたいなどあればお気軽にご連絡ください。info@outdoorgear.jp