【BCA】FLOAT42の紹介


【BCA】FLOAT42

float42-airbagますます普及がすすんでいる雪崩エアバッグ。こちらでは【BCA】FLOAT42をご紹介します。

参考:2015/16各メーカー雪崩エアバッグ比較

雪崩エアバッグで既に数年の実績を持つBCAの雪崩エアバッグ”FLOATシリーズ”の数あるラインナップの中で一番容量が大きいバックパックです。

容量:42L(システム取り外し時 49L)
重量(バックパック本体のみ):1,910g
総重量(エアバッグとシリンダー含む):3,254g


購入ボタン

機能一覧

・エアバッグ取外し可能
・エアバッグトリガー取付位置左右変更及び高さ調整可能
・アバランチギア収納スペース
・ヘルメットホルダー
・デュアルピッケルキャリー
・ダイアゴナルスキーキャリー
・スノーボードキャリー(オプションのアタッチメント利用)
・ゴーグルポケット
・ウエストベルトポケット
・デイジーチェーン
・ハイドレーションスリーブ
・固定式レッグストラップ
・ロードリフター
・コンプレッションベルト

各部紹介

各部の詳細を写真を使って紹介します。
各写真はクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

本体+付属品

bca-float42bcaの国内正規販売元であるK2ジャパンを通して日本へ入った正規品には、バックパック本体の他に、取扱説明書(日本語版、英語版)、ライセンス登録確認書兼保証書、周知文書、シリンダー充填無料引換券がついてきます。

エアバッグやトリガーはバックパックに取り付けられた状態、シリンダー(ボンベ)は、別梱包の箱に入って納品されます。

シリンダーは、K2ジャパンからの貸与という形になります。圧縮空気の再充填は一回3,000円です。
バックパックの購入者に限り、シリンダーのみ追加で購入することができ、予備を持つこともできます。(ヘッドとタンク合わせて定価37,000円)

エアバッグ(システム取り外し可能)

エアバッグの取外しができるのがこのモデルの大きな魅力。
以下のような利点が考えられます。
・エアバッグを取り外してバックパックのみでも利用可能。
・エアバッグ破損時など、エアバッグのみでの修理や交換が可能。
・同システム対応の他のバックパックのみを購入して、エアバッグを共用

アバランチギア収納スペース

float42-avaranchegearアバランチギア収納スペースは十分な容量を備えており、プローブやショベルのシャフト収納用のスリーブももちろんついています。

開口部も大きく開くのでショベルやプローブなどのアバンランチギア以外のギアも収まります。

写真では、プローブとショベルのシャフトとブレードの他に、シールとポールも一緒に収納しています。

写真で収納したポールは、K2の3ピーススピードリンク(125)で収納時の全長が58cmです。BCAのセプターなど4連の短いポールならもっと楽に収納できます。

横幅もあるのでコルサナノテクなどの短めのピッケルなども収まります。

float42-avaranchegear2また、開口部はバックル付きのダブルジッパーになっており、ショベルの利用頻度が高い場合などにはブレードとシャフトをつないだままでも収納できるようになっています。

ジッパーはバックルで止められるので、シャフトを出したままでも開いてしまうこともありません。

メイン収納スペース

float42-main2メイン収納スペースの開口部もダブルジッパーで大きく開き、中身の出し入れがしやすいです。

写真では、アイゼン(黒い袋)、補助ロープ(黄色)、山専ボトル(500ml)、ダウンジャケット(水色)、ツェルト(オレンジ色ファイントラックのツェルトⅠ)が入った状態。まだ十分な空きスペースがあり、ガスコンロや食料などを入れられます。


float42-cilinderジッパー付きのメッシュポケットは幅約25cm、7インチのタブレットが入るほどの大きさで、ポケット内には鍵などを取り付けることができるクリップもついています。

シリンダーやケーブルはメイン収納スペースの仕切りの奥のポケットに収まっています。仕切りはジッパーで開閉することができます。

スキーキャリー

float42-carryスキーキャリーは、エアバッグに干渉しないようにダイアゴナル方式のみ。
スキーを通すループは大きめなのでスプリットボードでも楽に入ります。

スノーボードキャリーは標準で装備されておらず、オプションのアタッチメントを使って水平に固定する仕様。
ただし、オプションを使用しなくてもバックパックのストラップにスキーバンドなどを通せば簡単に固定可能。

【bca】FLOATのご購入はこちら

当店で取扱うbcaのアイテムは、全て日本の正規販売店のK2ジャパンから仕入れ、日本国内で保証が受けられる正規品です。
海外から個人輸入した並行品は日本の高圧ガス保安法に抵触すると思われます。正規品をご利用ください。

購入ボタン

★ご購入にあたってのお問合せなどもお気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム
mail:shop@outdoorgear.jp

アイテム紹介ムービー

メーカーのムービーでは、機能の紹介がされています。

ムービーの内容を簡単に紹介します。
・ラインナップの中で一番大きな容量を持ち、プロ、パトロール、ガイド、行動時間が長い方向けにデザインされたモデルです。
・アバランチギア収納スペースは十分な容量を備え、プローブやショベルのシャフトなどはスリーブを使ってすっきりと収納できます。また、ファーストエイドキットやスノースタディーキット、スノーソーなどを収納することができます。
・また、ショベルを頻繁に使う場合、ショベルのブレードとシャフトをつないだまま収納することができます。
・雪崩エアバッグのトリガーは、左右のどちらへも取り付けることができます。また、高さ調整もできます。
・トリガーを取り付けていな方のショルダーベルトのスリーブには、無線機やハイドレーションのチューブを収納しておくことができます。
・ダイアゴナルスキーキャリアーのループは調整可能です。スノーボードは、オプションのアタッチメントを使って取り付けることができます。
・レッグストラップの片方の先端はバッグに固定されており紛失の心配はありません。
・バックパックの外側にはデイジーチェーンが取り付けられており、クランポンやウェアを取り付けることができます。またアックスの取付もでき収納用のスリーブもついています。
・外側のポケット内にヘルメットキャリーが収納されており、ヘルメットを高い位置でも低い位置でも固定しておくことができます。
・ヒップベルトの左右ともにポケットがあり、カメラや行動食を収納しておくことができます。また、ヒップベルトにはギアループもついています。

【bca】FLOATラインナップ

bcaのFLOATシリーズの各モデルのご案内です。
BCA アバランチエアバッグ カタログ

モデル名 FLOAT8 FLOAT22 FLOAT27
tech
FLOAT32C 2016
FLOAT32
FLOAT42
モデル名 bcafloat8L BCA フロート22 bca フロート27テック Float_32 bca フロート 32L BCA FLOAT 42
容量 8L 22L 27L 32L 32L 42L
ボード
キャリー
ヘルメット
キャリー
× ×
トリガー
位置変更
×
価格
(定価)
93,000 103,000 114,500 95,000 109,000 121,000

※ヘルメットキャリー
◯:取付ヒモ
◎:格納可能ヘルメットキャリー

※ボードキャリー
△:オプションのアタッチメント使用

※トリガー位置
◯:左右変更可能
◎:左右変更及び高さ調整可能

★上記に掲載の全てのモデルでエアバッグシステム取り外し可能。また外した時には7Lの容量増加。

購入ボタン

★ご購入にあたってのお問合せなどもお気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム
mail:shop@outdoorgear.jp