バックパック+ハイドレーションパック


THE NORTH FACEのSNOWSHOT35をご購入いただいたお客様からご質問を頂きましたので、こちらでも紹介します。

Q. 肩ベルトの上についた穴は何のため??
A. ハイドレーションパックのチューブを通すことができます。

下の写真は、左から2012/13モデルのSNOWSHOT35、旧モデルのSNOWSHOT、ドイターのFREERIDER PRO30です。いずれのモデルもハイドレーションパックが装着できます。旧モデルのSNOWSHOTは肩ベルトにチューブを通すスリーブもあります。
バックカントリー用バックパック
歩いている途中で、いちいちバックパックを降ろしてウォーターボトルを取り出して飲料を飲み、再度バックパックへしまうのは面倒です。水分補給も怠りがちに。バックパックに、ハイドレーションパックを装着しておけば水分補給も楽々。いちいち立ち止まることなく飲料を飲むことができるので、少しづつこまめに水分補給ができます。バックカントリー時の使用では、気温が低い時にはチューブ内の水が凍ってしまうこともあり、保温チューブで覆ったり、飲んだ後にチューブに息を吹き込んでパックまで水を押し戻すなどの工夫が必要ですが、こまめに水分がとれるのは魅力です。

ちなみに、真ん中の旧モデルのスノーショット30と一番右のドイターのFREERIDER PRO30はヨシ私物です。どちらもそれぞれ特徴があって見た目もかっこよくて気に入ってます。最近になってFREERIDER PRO30を新調したのですが、まだsnowshotも手放せません。そして一番左の新しいSNOWSHOT35も荷物がたくさん入って使いやすそう、しかも見た目もかっこいい! でも、さすがに3個は要りませんね。我慢します・・。
ちなみに、FREERIDER PRO30は、オンラインストアでの販売はしていませんがスピリットで取り扱いがありますのでご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。info@outdoorgear.jp