岐阜・大日ヶ岳バックカントリー2015/01/18


岐阜・大日ヶ岳バックカントリー
日付:2015年1月18日(日)
メンバー:KJ(スキー)、IKちゃん(ボード)、Rちゃん(ボード)、Bっち(スプリットボード)、ヨシ(スプリットボード)
天候:快晴!

岐阜・大日ヶ岳バックカントリー
かっとびKJ

14/15シーズン大日ヶ岳過去ログ

岐阜・大日ヶ岳バックカントリー2015/01/15 ★バックカントリー初体験
岐阜・大日ヶ岳バックカントリー2015/01/11 ★暴風雪!
岐阜 大日ヶ岳バックカントリー2014/12/26 ★大当たり!
岐阜・大日ヶ岳バックカントリー2014/12/15
岐阜・大日ヶ岳バックカントリー2014/12/10

バックカントリー トリップレポート一覧はこちら。

写真&レポート

降雪後ということでダイナランドへ集合してまずはゲレンデ。しかし、思ったほど積もっていなかったのと、日曜日ということでパウダー競争は激しく、効率よくまわせなかったこともあって競争に敗北した感がありあり・・・。
高鷲SPのゴンドラや各リフトでの待ち時間も長くゲレンデも激混みだったので、何本か滑った後にさっさと大日ヶ岳へ入山。ダイナランドに駐車していたため時間ロス。やはり大日ヶ岳へ上がるときは高鷲SP駐車が便利。
大日ヶ岳へは既に何人も入山したようでばっちりトレースがあってハイクアップはらくらく。

ハイク
人がいっぱいのゲレンデを離れ裏山へ

天気が良かったので、重いの我慢して一眼レフも持って行きました。ま、スプリットでもともと背中が軽いので、板背負うこと思ったら全然苦になりません^_^

お天気が良くてテンション↑↑
お天気が良くてテンション↑↑

前大日から稜線へ出て、メインバーンが見えると足取りも自然と軽くなります。

滑る斜面を見ながら足取りも軽くハイク。山頂まであとちょっと。
滑る斜面を見ながら足取りも軽くハイク。山頂まであとちょっと。

メンバーのハイクスピードに差があり、全員が経験済みの大日ヶ岳だからという油断もあってせっかくの5人パーティーなのにバラバラで頂上へ到着。
登頂後はお待ちかねのパウダー滑走。雪はしっとりとした感じで激軽というわけには行かず、人もたくさん入っていたのでトラックも既にたくさんありましたが、それでもやっぱりゲレンデに比べたら抜群のコンディションでパウダー満喫!

僕以外の4人は北斜面を滑ってから再び山頂へと登り返し2本目はメインのバーンを落としました。僕は前大まで戻ってメインバーンでのみんなの滑りを撮影。スノーボードやスキーの写真を撮るのはかなり難しいですが、撮るの好きなのでどんどん練習して良い写真が撮れるようになりたいです。
20150118dainichi1-rina

岐阜・大日ヶ岳バックカントリー
JONES HOVERCRAFT SPLIT絶好調

広告:【JONES】HOVERCRAFT SPLITの数量限定のお得なパッケージ販売中!

20150118dainichi6-ikko2

僕は撮影後に前大の北斜面を滑走。人が多いこんな日でもノートラックを滑ることができ、北斜なので雪も良くて大満足。
しかし滑走前には失態発覚(x x) シールをはがし、モードチェンジし滑走準備が終わったところで携帯が無いことに気が付きました。携帯につけてあるリーシュコードをきちんと留めていなかったため意味なし(x x) ツボ足で撮影場所までの往復して時間ロスしてメンバーに迷惑をかけてしまいました。ごめんなさいm(__)m
撮影場所で埋まってましたがリーシュコードだけは雪面に出ておりすぐに見つけることができたのはラッキーでした。

20150115dainichi_group

そして、それぞれメインバーンと前大北斜の滑走が済んだ後は前大へのハイクアップ。ここでもトラブル発生。Bっちのシールがはがれ雪がつき死亡・・・。まだテールクリップをつけておらず張り流しにしていましたが、テールからシールがはがれて雪がついてしまいました。ツボ足でハイクアップです。しっかりと踏まれたトレースがありましたがツボ足ではやはり埋まります。
ここでもまとまってハイクアップしていなかったために荷物の分散など協力ができず時間のロスも大きくなってしまいました。
今日はたくさんの反省点が出たので次回以降にいかしたいと思います。

でも無事に下山できたし、楽しく滑れて写真撮る練習もできたし良い一日でした^_^

おすすめアイテム

K2 ピルチャックキット 定価18,000円(税抜)→ スピリット価格

【K2】ピルチャックキット
【K2】ピルチャックキット

サイドカントリーや、行動時間の短いバックカントリーなら小さめのバックパックが滑りの邪魔にならず快適! 滑り重視の時にとても重宝するバックパックです!

K2のピルチャックパックは11Lと小型ながら必要なバックカントリーギアや行動食がばっちり収納できます。僕も大日ヶ岳やサイドカントリーにはこちらのバッグ使ってます。

行動時間に関係なくいつも大きなバックパックしょってる方は、滑り重視時のバッグパックとしていかがでしょう。ショベルやプローブがセットになってますので、友達誘うときには貸してあげてください。


購入ボタン

K2 ピルチャックパック+ギア
K2 ピルチャックパック+ギア

収容例(写真)
・アバランチギア(ショベル・プローブ)
・ハイドレーション(ホース付き水筒)
・カップ麺・行動食
・山専ボトル(カップ麺用のお湯)
・予備防寒具(ダウンジャケット)、予備グローブ
・ゴーグル
※その他にも、スキーやスプリットのシールぐらいなら入ります。(タイト目)
外側
・スノーシュー
・ポール

★関連記事 山でラーメン最高! でもいちいちお湯わかしてます?? 【やませんボトルのご紹介】

初心者にも超おすすめ

ショベルやプローブがセットでこの価格はお値打ちなので、これからバックカントリーを始める方におすすめです。
初めてのバックカントリーギア購入の際に、長く使おうと思ってどれにしようか色々迷っちゃってるぐらいならとりあえずこれ。ひとまずお得に道具を揃えちゃってまずは山へ繰り出しましょう!
本格的にバックカントリーをやりだすと容量が足りなくなりますが、その時にはすべり重視の時用として末永く使えます。
経験がないうちに悩んで買ってもずっと不満なく使えるようなギアはまず選べません。しばらくバックカントリーやってると自分に必要な、そして自分に合ったギアがわかるようになると思うので、本格的にそろえるのはそれからでの方が良いと思います。
K2 ピルチャックキット 定価18,000円(税抜)→ スピリット価格
購入ボタン

★ビーコンとセットになったさらにお値打ちなセットもあります。
バックカントリー レスキューパッケージ初心者向け

★容量が少し大きめ(18L)のハイアックキットというモデルもあります。
K2 ピルチャックキット 定価19,000円(税抜)→ スピリット価格