これから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #1 バックパックの巻

Pocket

backpack-avaranche-toolsこれから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #1 バックパックの巻
作成2014年12月1日
改訂2016年12月25日

これからバックカントリーをやってみようと思って道具を揃えるなら、まず真っ先にバックパックを手に入れちゃいましょう!

予算がある場合には、ビーコンやショベル、プローブなどの安全装備も一緒に購入すべきですが、そうでない場合にはそれらはレンタルも可能です。

バックパックのレンタルもできますが、毎回違うバックパックを使って板の取り付け位置や収納スペースの仕様が異なるとが毎回モタモタすることになります。

使い勝手を知っているマイバックパックなら、雪山での行動中に必要な装備を素早く出し入れしたり、スキーやスノーボードの取り付けや取外しがスムーズにできます。

まずはマイバックパックをゲットだぜ。

今すぐオンラインストアでバックパックをチェック

スピリットのオンラインストア『アウトドアギア.jp』でバックカントリー用のバックパックを今すぐチェックする場合はこちら!
チェックボタン

目次

これから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #1 バックパックの巻 
これから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #2 基本安全装備の巻
これから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #3 ウェアの巻 ※鋭意作成中!
これから始めるバックカントリー★道具を揃えよう! #4  ハイクアップの巻 ※鋭意作成中!

バックパックが必要な理由

雪山へ入るためには、飲み物や、安全装備などの携行が必須です。

そしてスノーシューでのハイクをするボーダーならハイク時にはボードを、滑走時にはスノーシューを、スキーヤーやスプリットボーダーならシールやクランポンなどを運ばなければなりません。

その他にも行動時間が長くなれば食糧(行動食)や飲み物を持っていかなければなりませんし、予備のグローブ、ゴーグル、保温着、ファーストエイド、ツェルトなどバックカントリーでのリスクを減らすために携行すべきものは色々あり、それらを持ち運ぶために必ずバックパックが必要となります。

K2のバックパック(11L)+ギア
BC用バックパックとギア

バックパックに必要な機能

バックカントリー用のバックパックには以下のような機能が予め備わっています。

・スキー、ボード、スノーシューが簡単に取り付けられる。
→固定用のストラップなどが予め備え付けられている。
→また固定のためのストラップはエッジですぐに切れたりしないように補強がされていたり丈夫な素材が使われている。

・雪崩安全装備収納の専用スペースがあり素早く出し入れできる。

・必要なギアを整頓して収納できる。(ゴーグルポケットや、ハイドレーションスリーブ、ヘルメットホルダー、ピッケルホルダー、小物ポケットなど)

・防水性がある。

・グローブをしたままでも荷物の出し入れなどがしやすい。

・バックルに雪が詰まりにくい。

・肩など体に負担がかからない。

・体にフィットして滑走の邪魔になりにくい。(ウエストベルト付き、フレーム入りなど。)

・雪崩エアバッグ付き。

普通の登山用のバックパックなどでも工夫すれば代用もできると思いますが、バックカントリー用を使用することで雪山でよりスムーズに行動できるのは間違いないでしょう。

バックカントリーで使うバックパックは出来る限りバックカントリー用にデザインされたモデルがおすすめです。

アバランチエアバッグ付き

【bca】 FLOAT32
【bca】FLOAT32
加えて、バックカントリーで飛躍的に安全性を高めるのがエアバッグ付きバックパック。
外国ではゲレンデを滑る場合でもエアバッグ付きバックパックが多く使用されており、日本でも外国人が多い野沢温泉スキー場などでエアバッグ付きバックパックを背負ってゲレンデ内を滑っている外国人を見るのは珍しいことではありません。

その効果の大きさからどんどんと普及がすすんでおり、車のエアバッグのようにスタンダードとなる日も近いでしょう。
値段が高くなることと、重いことがデメリットとなりますが、普及がすすんでいるため価格も比較的こなれてきており各メーカーから発売され選択肢もどんどんと増えています。

予算がある方は、エアバッグ付きを検討してみてください。

参考:
2015/16各メーカー雪崩エアバッグ比較

【bca】FLOAT42の紹介 (システム取り外し可能)

滑走マテリアル別チェックポイント

滑走マテリアル(滑走具)別のチェックポイントをご紹介します。

スキー・スプリットボード

ダイアゴナル式
スキーやスプリットボードを装着するには、ダイアゴナル式とAフレーム式があります。
できれば両方の装着方法でスキーやスプリットボードを取り付けられるバックパックを選ぶと、色々な局面でスムーズに対応できます。

ダイアゴナル式・・・バックパックに、ストラップなどをつかってスキーを斜めに取り付ける方法。
スキーが安定しにくいが着脱が簡単なため、着脱を繰り返すような時に適している。
また、エアバッグ付きのバックパックでもエアバッグに干渉しにくい。


Aフレーム式
Aフレーム式
Aフレーム式・・・バックパックの側面、身体に近いところに取り付けられるのでスキーが安定する。
スキーを積んだままの長時間歩行に適している。

スプリットボードやファットスキーで使用する場合には、固定用ストラップが太い幅にも対応しているかどうかをチェック。
スキー固定用のストラップが短かったり、ループが小さいとファットスキーやスプリットボードが固定できないことがあります。

スプリットボード

加えてスプリットボードの場合には、スキーの用に板を分割した場合でも、板をつなげたスノーボード形状のままでもバックパックに板が固定できるとベスト。

スノーボード

backcountry_backpackスノーボードを装着するためには、縦積みと横積みがあります。縦積みできることが必須。
横積みは樹林帯など狭い場所で邪魔になることが多いので、横積みしかできないモデルは避けたほうが無難。

スキーやスプリットボードの場合には基本的にはバッパックに装着しないことが多いが、スノーシューでハイクするスノーボーダーはハイク中のほとんどでスノーボードを装着していることとなるため、固定部分のストラップがエッジガードなどで補強されているとより良い。

また、スノーシューでハイクするスノーボーダーには、メイン収納スペースへ背面からアクセスできるタイプであれば、スノーシューや板を取り付けたままでもバックパックの中身をスムーズに出し入れすることができるためおすすめ。背面からアクセスできないとかなり手間です。

サイズ(容量)とおすすめ

色々なサイズがあるので用途にあったモデルを選びましょう。

初心者の方がひとまず必要最低限でということであれば20L前後のバックパックでOK。
ただ、経験を重ねて行動時間が長くなった時に20L前後の容量では収納スペースが足りなくなり、また、容量に余裕があったほうが荷物の出し入れもしやすいため長く使うつもりなら25~30L前後がおすすめ。

あまり大きすぎると、滑走の邪魔になったり中がスカスカな時に板を固定しにくかったりするので、いくら大は小を兼ねるといっても最初から40L以上を選ぶのはおすすめできません。

バックカントリー初心者おすすめ

選択に悩んだらこちらがおすすめ。
【K2】バックサイド24 KIT → 初心者応援プライス!click!

【K2】バックサイド24 キット
【K2】バックサイド24 キット
サイズ的に大きすぎず小さすぎないので、滑走の邪魔になりにくく日帰りツアーにも対応する容量を備えており、ショベルやプローブがセットになっていてとてもお得。

スキー、スノーボード、スプリットボードのどのマテリアルでも使いやすく、バックカントリーでの使用に適した十分な機能を備えています。

ビーコンもセットにした、初心者応援パッケージもご用意しています。


【K2】バックサイド24 KIT + ビーコン → 初心者応援プライス!click!

サイドカントリー

Mammut ニルヴァーナ ロッカー
【Mammut】Nirvana Rocker 14L
スキー場のリフトを使ったサイドカントリーや、ハイク2時間程度未満の行動時間がごく短い場合には、20L程度の容量があればOKです。
入れるものの例
・アバランチギア
・行動食とドリンク
・小物類
・ダウンジャケットなど予備の防寒具
・ツェルト
・ヘッドランプ

経験を重ね行動時間の長いバックカントリーを楽しむようになるとより容量の大きいバックパックが必要となりますが、大き目サイズのバックパックを入手したあとも、小さいサイズのバックパックはゲレンデやサイドカントリー、行動時間の短いバックカントリーの際に活躍してくれることでしょう。

日帰りツアー

【mhm】POWDER KEG32L
【mhm】POWDER KEG32L
日帰りでもより遠くの斜面を目指す人(行動時間が長くなる人)は必要な装備を入れるためには25Lから30Lほどの容量が必要となります。
・アバランチギア
・食料とドリンク
・小物類
・予備の防寒具
・予備ゴーグルやグローブ
・ツェルト
・ヘッドランプ
・ストーブ
・クランポン、アイゼン、ピッケルなどの登山具
・ファーストエイドや、非常用ロープ、スリング、カラビナなどのレスキュー用品

ご購入はこちら

その他にも、Mammut、bca、K2、DAKINE、Deuterなどのブランドの色々なバックカントリー用バックパックを取り扱っています。
バックカントリー用バックパックに関するお問合せもお気軽にどうぞ。
チェックボタン